2021年08月03日

釉薬研究の成果

夜の部のお姉さん二人が一生懸命作ったトルコ釉がついに完成しました。
普通よりもちょっと緑がかっています。
中に青いガラスを入れてみました。
20210801_200330.jpg
こちらは黒い絵の具で線を入れました。
どうなるかと思いましたが、なかなかいいです。
20210801_200349.jpg
ついでに黒マットも調整しながら何とか安定して使えるようになりました。
20210801_200433.jpg
周りにある白っぽいのはY工房さんからもらってきた謎の釉薬です。
1200℃ではマットに斑点が出て、1220℃ではその斑点が流れます。
不思議な釉薬です。
道楽窯の釉薬充実のために、今後のお二人のますますの活躍に期待しています。
20210801_200314.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 教室

2021年08月01日

「渋い」のが好みの三年生

親子でお皿を作るというのはよくあることですが、今日はちょっと様子が違いました。
形や色にとてもこだわりがあるようで、まずはじっくり希望を聞かせてもらいました。
形は厚〜い俎皿で絶対に足を付けたい。
仕上がりは…信楽の薪窯焼成を見せると「これがいい」とのこと。
伊賀土で作って薪窯に入れることにしました。
お母さんも大きめの皿ということで作り始めました。
20210801_165123.jpg
足を付けるので本体をドライヤーで急速乾燥します。
20210801_164953.jpg
たたらで足を作って
20210801_165842.jpg
俎皿の底に付けました。
20210801_171244.jpg
堂々とした俎皿の完成です。
10月の薪窯に入れます。
窯焚きではぜひ薪をくべにきてください。
20210801_174447.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 教室

2021年07月31日

鶉手皿のごちそう

お料理が得意のFさんはいろんなお皿を作ってきました。
最初の頃に作った鶉手のお皿に料理を盛り付けた写真を送ってくださいました。
料理もお皿も互いに引き立て合って見えます。
1622975688621.jpg
こちらは完成したばかりのお皿。
20210606_093138.jpg
こちらの薪窯焼成の皿にはどんな料理が合うのでしょうか。
20210606_093307.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 教室