2020年08月16日

コロナと夏休み

コロナの影響で4月、5月はほとんど休業状態でしたが、6月から徐々に回復してきました。
マスクと消毒液は必需品です。
20200814_160221.jpg
夏休みに入ってからは家族でのお客様が増えました。
親子3人で一生懸命にろくろに向き合います。
20200809_104923.jpg
小学生の娘さん、なかなかいい手つきです。
20200809_104910.jpg
今日も楽しく作っていただけたようでした。
20200809_113930.jpg
話は変わりますが、春の窯焚きを休んだため、薪があふれてきました。
先週の山作業はみんなで薪小屋を増設しました。
仮のつもりでしたが、ずいぶんしっかりしたものができました。
床はまたO様からいただいたパレット。屋根はN様からいただいた雨戸です。
まだ薪割りは続きます。
20200810_150249.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 教室

2020年08月04日

「練り込み」と「徳利勝負」

ほぼ2週間に一度2日ずついらっしゃるお二人。
1日5時間ほど作り続けるので、月に直せば20時間。
これだけ熱心に取り組めば上達するわけです。
前回は赤土と白土、ピンク土と白土の練り込みに挑戦しました。
116694366_301876917691712_8049740829252638561_o (2).jpg
今回は青い土と白土で市松模様のお皿を作りました。
ユーチューブで予習したとおり、2色の粘土をサイコロ状にして貼り付けます。
20200803_152918.jpg
電動ろくろの目標の一つは徳利です。
他のこともしながら、徳利に向けての修行が始まりました。
20200803_152908.jpg
薄く、高くを目標に頑張ります。
たくさんのことに気づいていただけたようでした。
20200804_162545.jpg
左からSさんの昨日の第一作、第二作。今日の第三作、第四作。
進歩の跡が感じられる作品になりました。
20200804_163024.jpg

posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(3) | 教室

2020年07月15日

手びねりで楽しく

午前はある公民館の小四家庭教育学級の皆さんです。
公民館に出張するが多いのですが、今日は4名でお越しになりました。
工房の方が道具もそろっていて作品作りには便利です。
20200715_103439.jpg
1Kgの粘土を小分けにして、小皿、小鉢、一輪挿しなどを作りました。
手びねりは自分のペースでゆったり楽しく作れます。
20200715_104545.jpg
作りたいものがはっきりしていたので、納得のいく作品ができたようです。
いろいろあって楽しそう。
最後に迷いに迷って色を決めて終わりました。
20200715_115558.jpg
午後からは月2回のリバーシティ陶芸教室。
こちらは2月から手びねりで様々な作品を作ってきましたが、ここで電動ろくろを経験していただくことにしました。
2人なので1台持って行って交代で作りました。
20200715_144033.jpg
お二人とも初めてでしたが、小鉢やカップが2個ずつできました。
でも、50Kgもある電動ろくろを運ぶのは大変です。
削りの次回は工房に来ていただくことにしました。
20200715_144043.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 教室