2019年08月07日

猛暑の中を薪運び

午前中、県指定の史跡M古墳の整備で切った木をいただいてきました。
あちらは太い木の処理の手間が省け、こちらは窯焚きの薪が手に入って嬉しいです。
20190807_101817.jpg
O氏にお手伝いいただきいっぱいに積み込みました。
もう一回分ありそうです。
20190807_101447-2.jpg
看板で見ると石室もあってなかなか立派な古墳です。
邪魔な木も伐採して古墳らしく見えるようになっていました。
20190807_101412-2.jpg
posted by 道楽窯主 at 20:00| Comment(0) | 薪窯

2019年06月22日

準備完了

27日からの窯焚きの前に、残りの作品を窯に入れました。
2列目の中段あたりから始めました。
P1100719.jpg
KさんとOさんが交代で、一つ一つ丁寧に並べていきます。
P1100724.jpg
一日掛けて全部の作品が入りました。
今回は大壺がないのがちょっと寂しいです。
レンガで蓋をして完了。
窯焚きは27日からになります。
P1100741.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 薪窯

2019年01月12日

屋根修理完成!

秋の台風で松の大木が倒れてきて、屋根の一部がつぶれてしまいました。(10月6日)
P1100254.jpg
親切なご近所の板金屋さんが同じ屋根材をくださいました。
KさんとOさんがコーキングとビス留めをして、屋根がきれいに直りました。
P1100441.jpg
台風のおかげで林道にも赤松がたくさん倒れました。
地元の方の許可をもらってありますので、赤松を拾いに行きます。
林道上のものはほとんどいただき、残っているのは谷に向かって倒れているものばかりです。
P1100449.jpg
斜面で切ったものを、トチカンを打ち込み、ロープと滑車を使って引き上げます。
中学校の理科で習った動滑車、引き上げるのが少し楽になります。
それでも重労働。
P1100445.jpg
運んだ丸太はすぐに玉切りして割ります。
P1100456.jpg
ミレーは落ち葉に体を埋めて気持ちよさそうでした。
P1100457.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 薪窯