2020年02月01日

新兵器登場

年2回の穴窯焼成にはたくさんの薪が必要です。
今ある2台の薪割り機はもう10年も使っていますが、まだまだ元気です。
最近は丸太が溢れ気味で薪割りが追いついていません。
そこでもう一台導入しました。
段ボールに包まれて、運送会社の営業所止めで来ました。
20200201_130303.jpg
割と小さめのエンジン薪割り機です。
電動薪割り機よりも軽いくらいです。
20200201_130551.jpg
さっそく試運転。
太い丸太もバリバリ割れていきます。
Oさんが使うと余計小さく見えます。
20200201_142015.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 薪窯

2019年09月16日

来年の窯焚きに向けて

今割っている薪は来年の秋の窯焚きで使います。
薪置き場は多い方が薪のローテーションが楽になります。
先日から作っていた第三薪小屋が完成しました。
かなりの量が入りそうです。
20190916_135830.jpg
今日は電動とエンジンの2台の薪割り機をフル稼働してB級の松を割って、窯の左に積みました。
午後は陽が当たります。真夏ほどの勢いはないですが、それでも暑いです。
20190916_135816.jpg
ミレーは涼しいところを求めて物置の床下に右側の広いところから入りましたが、狭い正面からは出られなくて…。
困ってしまって「ワンワン ワワン」
最後は右に誘導してもらって無事に出られました。
20190916_140213_001.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 薪窯

2019年08月17日

「第三薪小屋」建築中

年に2回の窯焚きには膨大な薪を使います。
すでに薪小屋と窯の両脇は薪でいっぱいですが、丸太はどんどん入荷します。
もったいないので割りますが、置き場所がありません。
そこで、薪置き場を新たに作ることにしました。
はじめの一歩が完成しました。これが一番奥まで続く予定です。
20190817_133738.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 薪窯