2019年06月22日

準備完了

27日からの窯焚きの前に、残りの作品を窯に入れました。
2列目の中段あたりから始めました。
P1100719.jpg
KさんとOさんが交代で、一つ一つ丁寧に並べていきます。
P1100724.jpg
一日掛けて全部の作品が入りました。
今回は大壺がないのがちょっと寂しいです。
レンガで蓋をして完了。
窯焚きは27日からになります。
P1100741.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 薪窯

2019年06月20日

お世辞抜きで上手です!

初めてのSW公民館で5人の陶芸教室です。
それぞれにひもづくり、板づくりで希望の物に挑戦。
P1100712.jpg
手びねりは指の痕が残るのが普通ですが、今日の皆さんは極力指痕を消して、表面をなめらかに仕上げていました。長い爪に苦労しながらも粘土をかなり薄く伸ばして、それだけ軽くできています。これは1kgの粘土を全部使った深皿です。
P1100713.jpg
こちらは水引きのようにして伸ばしています。これって電動ろくろで作るのと同じです。
P1100709.jpg
玉づくりのどんぶり風。高台と腰の削りがポイントです。
今日の皆さんの作陶を見ていて、私も勉強になりました。
P1100714.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 教室

2019年06月17日

午前は「蕎麦打ち」午後は「陶芸」

蕎麦打ちと陶芸を同時に体験したいというご要望で、午前と午後に分けて計画しました。
蕎麦打ちの講師は奈良田の里の今村さんにお願いしました。
道具一式を持ってお越しくださいました。
まずは捏ね。
粉と水を混ぜていると蕎麦のいい香りがしてきます。
P1100678.jpg
続いて伸しです。講師の説明を聞きながら薄くのばしていきます。
P1100683.jpg
一番難しいのが切り。同じ太さに切るのはなかなか難しいです。
P1100691.jpg
最後に2,3分ゆでて出来上がり。
鍋とコンロの火力の問題で、ちょっと課題が…。
P1100696.jpg
美味しい蕎麦の完成です。
十割蕎麦の香りとのどごしをじっくり味わいました。
これで茹でがよければ最高だったんですけど。
P1100702.jpg
午後からは手びねりで陶芸教室。
お皿や小鉢、湯呑み、カップなど、思い思いの作品ができました。
P1100705.jpg
男性陣はぐい呑み作りに夢中です。
さすが、好きな物は教えなくても上手に作れました。
P1100703.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 教室