2017年11月30日

今年の成果を発表 〜W公民館フェスティバル〜

10月5日に作った作品が仕上がって、公民館フェスティバルで展示しました。
陶芸以外にも、ぬいぐるみや干支の額など、今年の活動の成果が展示されています。
私は見にいくことができませんでしたので、写真はO様から提供していただきました。
tenji5.jpg
日常使うには釉薬がかかっているものの方が使いやすいのですが、薪で焼いたものも独特の味があります。
tenji2.jpg
今回の窯焚きはとても調子よく焼けましたので、灰も十分に降って、それが溶けて、かなり良い感じに仕上がったと思います。
tenji7.jpg
背の高い花器は、灰が溶けて流れている所が見所です。
みなさんご自分の作品を見てとてもお喜びいただいたとうかがい安心しました。
tenji6.jpg

posted by 道楽窯主 at 10:41| Comment(0) | 日記

2017年11月29日

がんばる!大堀相馬焼

浪江町は震災関係でよく名前を聞いていましたが、大堀相馬焼の町とは知りませんでした。
いまだに放射線量が高く、組合の立派な施設も各窯元も原材料の採取場も「帰宅困難区域」。
組合展示場は二本松市の郊外にプレハブで建っていました。
P1020298.jpg
中には各窯元の作品が並んでいましたが、窯元も福島、二本松、郡山などにバラバラに避難して、それぞれの地で頑張っています。
P1020308.jpg
事務所の方にコーヒーをごちそうになりました。もちろん相馬焼。左は相馬焼らしく馬の絵が描いてあります。
P1020310.jpg
浪江焼きそばを食べたくて、帰りも二本松に寄りました。「杉乃屋」も浪江町から震災によりこちらに移転しました。箸袋の住所と電話番号が浪江町のままになってます。
極太麺に豚肉とモヤシの具材、濃厚なソースで美味いです。かなりのボリュームです。
IMG_20171129_133351.jpg
ごちそうさま。食べ終わると大堀相馬焼の皿から馬の絵が現れます。ソースで汚れていてすみません。
IMG_20171129_134346.jpg
最後に郡山に移転した「あさか野窯」に寄りました。
郡山の街中ですが、陶芸教室をするためにこの場所にしたとか。
近くなら私も通いたいのですが。
P1020334.jpg
これらは浪江町で作った物だそうです。現在は放射線量の関係で浪江町の材料が使えないので、益子などから取り寄せた材料で作ったり、郡山の土で新しい作品を作ったり、ご苦労されている様子をお話しくださいました。
P1020332.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 日記

2017年11月19日

「自由な発想」の子どもたち

K市の公民館で午前中は小学校低学年、午後から高学年の教室です。
P1090458.jpg
午前中は「板づくり」でお皿を作りました。
粘土を延ばすのに力が要りますので、苦戦している子もいました。
P1090447.jpg
延ばした粘土の縁を切ったり上げたりして、形のできあがり。
P1090450.jpg
つぎに、思い思いに型を押したり、竹串で模様を彫ったり、呉須で絵を描いたりして仕上げました。
ここがそれぞれの発想を生かす場面です。
P1090452.jpg
昼休みが長くとれたので、近くの駅まで行ってみました。
ここは昔はスイッチバックだった駅で、その痕跡もしっかり見てきました。
スイッチバックって何?という方は…別に気にしなくていいです。
P1090462.jpg
午後は高学年の「ひもづくり」。
ちょっと指導を間違えたようです。反省。
作品はしっかりできましたが、時間がぎりぎりでした。
写真を撮っている暇もありませんでした。
一生懸命な子どもたちと楽しく過ごすことができた一日でした。
P1090467.jpg
posted by 道楽窯主 at 23:00| Comment(0) | 教室